お知らせ
お知らせ
  • 2015.11.14 ブログ

    こんにちは、設計の秋本です。

    11月に入ってだんだんと朝晩が冷えてきましたね。

    もうそろそろ、ストーブやこたつの準備を考えて
    いらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

    家造りの中で寒さ対策に必要不可欠な
    事といえばまずは断熱です。

    これは皆さんなんとなくご存知かと思いますが

    もう一つ大事なことがあります。

    それは気密性!!

    せっかく断熱材をしっかりと入れても
    この気密ができていないと意味がありません。

    人間でたとえると

    断熱材はセーターみたいなもの

    セーターは暖かいですが風が吹くと
    寒いですよね?

    そこでその上からコートや
    ウインドブレーカーなどを羽織って

    風を遮断し暖かさをキープする

    このコートの役割を果たすのが
    建物の気密性です。

    ではどのようにして検査するのかというと

    IMG_2188

    このような機械を設置して

    IMG_2192

    計測します。

    IMG_2193

    皆で建物の気密についてお勉強。

    今回小山に建っている

    モデルハウスでこの気密測定を行いました。

    結果は

    1.0c㎡/㎡ !!

    よくわからないですよね?

    これは北海道に建てる家や

    スウェーデンに建てる家の基準値を越えています。

    つまり、気密性がすごく高いって事です。

    ファミリーステージでは

    建物の性能にもこだわって家造りを

    考えています。

ページトップへ