施工の流れ
施工の流れ
step1
step2
step3
step4
step1
ご相談
間取りやデザイン、資金計画についてのご要望をお伺いします。
理想の住まいづくりのために、お気軽にご要望をお聞かせください。
プラン提案・予算計画
設計に関するご要望をお聞きし、敷地調査の結果に沿った検討を加え、プランを提案します。
住まいのイメージ(間取り、資金計画など)をより具体的にご確認ください。
本図面・本見積提出
最終的な設計図面と見積書を作成します。
プラン、見積り、仕様、設備、お支払い方法など、細部にわたってご確認ください。
ご契約
建築工事請負契約書を作成します。
契約書をご確認の上、署名・捺印をお願いします。契約金をお振込みください。
step2
地耐力調査
敷地の地耐力を調査します。調査時期をご相談ください。(建替時は解体後が原則です)
※地域により多少スケジュールの順序が異なることがあります。
配色打合せ会
内・外部の仕上げ材や、建具の色、柄などについて決定します。
設計、カラーコーディネーターの各担当者との立合いでご決定いたします。
設計確認会
営業、設計の各担当者とお客様で図面の最終打合せを行ないます。
未決定の追加工事追加変更があればご希望をお申し付けください。
営業、工事の各担当者とお客様で着工の段取りを詳細に打合せします。
着工のほぼ1ヶ月前に行ないます。ご予定ください。
建築確認申請手続き
確定した設計図に基づき役所に建築確認を申請します。
設計確認会に追加変更が生じた場合には、追加変更工事の見積書を提出します。
住宅金融支援機構やローンをご利用になる場合は必要書類をご用意ください。
(お申込み受付期間により準備期間は異なります)追加伝票または追加変更工事契約書に署名、捺印をお願いします。
工事実施図面作成
設計確認及び、配色打合せ会に基づき、一冊にまとめた工事用図面を作成します。
着工打合せ時に製本図面をご確認いただきます。
着工打合せ会
機構等の融資決定をご確認ください。
step3
着工(地鎮祭)
近隣へご挨拶し、建物の解体に着手します。近隣へご挨拶し、地縄張りから基礎工事へと工程が進んでいきます。
現場でお立合いいただき、解体する物と残す物をご指示ください。地縄張りでお立合いいただき建物の位置をご確認ください。
上棟
構造体が完成。この時点で構造検査を行ないます。上棟時にお立合いください。
住宅金融支援機構の中間検査が行なわれ、合格後中間資金の手続きをしていただきます。
造作完了
木工事が完了しますと、仕上げ作業が始まります。表示登記の作業を開始します。
必要に応じて、現場でのお立合いをお願いします。登記等に必要な書類をご用意ください。
完成
住まいが完成しますと、竣工検査を行ないます。竣工検査にお立合いください。
住宅金融支援機構等の最終手続きをしていただきます。
step4
お引渡し
鍵とあわせてすまいのしおり、保証書等をお渡しします。サービス担当者をご紹介します。
ご入居日をお知らせください。税金の控除手続き等にご注意ください。
ご入居
ご入居アンケートをお送りしますので、ご記入の上ご返送ください。
登録済権利証書
建物の登録済権利証書ができあがります。
住宅金融支援機構等の融資の残金を代理受領後、つなぎ融資を精算します。
アフターメンテナンス
定期訪問で万全のアフターメンテナンス
建物お引渡し後3ヶ月、1年、2年、5年、7年と担当スタッフが定期的にご訪問。
住まいの生涯サポートシステム
10年目以降は、5年ごとの有償点検、有償メンテナンスを受けていただくことで
住まいの構造躯体に対する保証を更新。生涯にわたって大切なお住まいを保証いたします。
ページトップへ