施主様の声
施主様の声
集合住宅と田園地帯がバランス良く配され、程よい賑やかさを纏う合志市。
小高い場所に面したY様邸は、地の利を活かした清々しい眺望が魅力。
常識にとらわれない、北に開けた珍しい平屋を完成させました。
リビング
一番くつろげる場所でありながら、最も特徴的なのが、北側に面したリビング。南側の採光ではなく、北側の眺望を優先した大胆な空間構成は、眼下に抜ける北の景色を独り占め。実寸より空間を広く感じることができます。北側から間接的に入り込む光が、ご夫婦の仲睦まじい関係を、ほんのり照らしてくれます。

テラス
リビングに面したテラス。広めに確保した床面には人工芝。視線を上手く遮る目隠しも相まって、アウトドアリビング感覚で利用されています。休日にはワンちゃんと3人でぼーっと景色を眺めながら、ただただ風にあたることも・・・。やさしい家族関係がまるで映画のシルエットのように浮かび上がります。

屋根裏収納
ご主人が自慢げに道具を取り出すと、天井から何やら秘密の階段らしき物が。階段を上がるとそこには10帖の隠し収納がありました。寝室としても使えそうなくらい十分なスペースには、普段使わない物や、大きなもの、趣味の道具などがずらり。秘密基地感覚でつくられたこの収納庫にはご主人の遊び心がいっぱい詰まってました。

趣味部屋
お二人の時間を邪魔されること無く有意義に使いたい。そんな思いから生まれた麻雀部屋。共通の趣味でもある麻雀は、大事な夫婦の会話の時間でもあります。休日前にはご友人を呼んで遅くまで熱中することも。4人がゆったり座れるスペースには、本格的な麻雀卓がありました。

寝 室
ワンちゃんも一緒に3人で就寝される寝室には、南側に小窓がひとつ。シャープな光が入り込み、こだわりの壁紙に豊かな陰影を造り出します。全体的にダークなカラーリングと、電球色の照明で、夜は落ち着く空間へと変貌します。ワンちゃんのために床材には傷がつきにくい素材をつかうなど、細かい配慮にもこだわっていらっしゃいます。

外 観
熊本地震の経験をきっかけに、SxLのパネル工法に決めたY様。展示場にあったモノトーンの外観に惹かれ、ご自宅もモノトーンで仕上げることに決めていたそう。南側の開口を極力抑えたデザインは、周辺の住宅とは異彩を放ちます。中に入ると納得のY様のこだわりを随所に感じることができました。

ページトップへ